【キリスト教】聖霊が降りてきた!?非クリスチャンの私が号泣…なぜ?

Religion

こんにちは。

突然ですが、皆さんは神を近くに感じたことはあるでしょうか。

私は、今日初めて、神(聖霊)を近くに感じたような不思議な体験をしたので、忘れないうちにここに書き留めておきます。

ちなみに私は、アメリカでキリスト教について学んでいますが、クリスチャンではありません。

聖霊とは

まず、聖霊について、今日学んだばかりの私の解釈をここに記します。

聖霊とは、キリスト教での三位一体の一角を成す存在です。

キリスト教の三位一体:父(神)・息子(キリスト)・聖霊

いわば聖霊は、キリストや神の意志そのもので、私たちと神を結ぶ魂。
聖霊のシンボルは”Dove(鳩)”で、伝書鳩のように、神の意志を私たちに伝えてくれるのです。

今日クリスチャンに聞いた話だと、お祈りするとき、上記の三位の内どれに対して祈るかは人それぞれだそうです。
三位は実質同じ存在なので、どれかに対して祈れば、三位すべてに対して祈っていることになります。
当人は、三位それぞれに祈ると言っていました。

イメージ : 神} キリスト} 聖霊 (神はキリストを含み、さらにその内に聖霊がいる)

聖霊を水私たち自身をスポンジと考えるとわかりやすいです。
聖霊について簡単に理解することは難しいですが、一部を理解することで私たち(スポンジ)を吸う。

そして、新たな解釈をほかの人から聞いて、自分の考えが変われば、絞って、また新たなを吸う。

宗教をどのように理解し、解釈するかは人それぞれ。
なので、こういった柔軟性の高い姿勢を持つことが重要なのです。

聖霊が降りてきた

ここからは、わたしが今日した体験について綴ります。

今日は、聖霊に関するビデオをみた後、初めてクリスチャンと一緒にお祈りしました。
以前、「なぜ人々は祈るのか?」について学んだ際、ZOOMではお祈りしたことがありましたが、直接は初めてでした。

お祈りでは具体的に以下のことをします。

お祈りの手順
  1. 目を閉じ
  2. 両てのひらをうえに向け
  3. お祈りの言葉を口にする

一緒に祈ってくれたのは、クリスチャンの男性と女性です。

私は英語が堪能ではないので、少しだけ神へ感謝の言葉を口にして、あとは聞いていました。

そして、二人が私に対するいくつかの祈りをささげてくれた時、涙が溢れてきたんです。
なぜなのか…自分でも驚きました。

彼らが述べてくれた祈りは、「はるかに出会わせてくれてありがとう」とか、「はるかとその家族が、幸せに暮らせますように」など。
ありきたりな言葉なのに、その言葉が、私の心の奥底の冷たくなっていた部分に入り込んできて、温めてくれたような。

そんな気がしたのです。

私はクリスチャンではなーい!

ここまで読んでくださった方は、

は?意味わからん!

と思ったかもしれません。

事実、わたしもそうなのです。だってクリスチャンじゃないもん!

でも、神は常に私たちの心のドアを叩いてる。
クリスチャンの人も、それ以外の宗教に属する人も、世界中みんなのドアを。

もちろん、神は私たちがどこにいるか、常に知っています。
神が私たちを生み出したのだから。

しかし、無理やりそのドアを開こうとしたりはしない。
そこに私たちが手をかけた時、聖霊が降りてくる…。

これは今日私に起こったことと、学んだキリスト教の考えから私が考えた考察です。

私は意識的にドアに手をかけていたつもりはないです。
しかし、キリスト教を学ぼうとしている時点で、もう既に神を受け入れかけていたのかもしれませんね…

私が号泣した理由

私のその時の号泣度合はかなりのもので、とにかく涙が止まりませんでした。
今思い出すと、恥ずかしくなるほどです…

私は、「最近知り合ったばかりのほぼ他人が、自分のために祈ってくれていることが嬉しい」からなきました。

でも、普通に考えて泣く理由として弱いですよね。

だって皆さん、友達に「親御さんの手術、うまくいくといいね」といわれて、うれし泣きしますか?
しませんよね。というか、出来ない。多分。

それなら、なぜ私は泣いたのか?

それが、まさに、お祈りという特別な行為の力、また、聖霊が降りてきた合図なのだと思います。

また、実の家族以外に、私のことを思ってくれる人がいるということは、こんなにも自分の心を温かくするんだということを知りました。

これは私にとって全く新しい世界で、受け入れるには時間がかかりそうです。
しかし、今日のこの体験を通して、私のキリスト教に対する理解はかなり進み、魅力を感じました。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ほぼ私の体験談になってしまいましたが、「へぇ、こういうこともあるんだ」程度に受け止めていただけたらと思います。

宗教はわたしたち日本人にとってとてもweirdな世界ですが、学んでみると意外と面白いですよ。

もしご質問や、反対意見などございましたら、コメント欄までお寄せください。

イースター礼拝について書いた記事も、もしよかったら読んでみてください。

【体験談】イースター礼拝とは?当日の流れや注意点・持物をご紹介!
今回は、私が地元の教会が開催したイースター礼拝に参加した体験をお伝えします。 当日の流れや注意点・持物もご紹介します。
この記事が気に入ったらいいね!しよう。
最新情報をお届けします。
Religion
\ シェアしてくれたらとってもうれしいです! /
はるメロンをフォローしよう
はるメロンのヒューストン滞在日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました